スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深愛

 なんとなく、的な話。
 
 
 私の子は昨日こう言いました。
 
「逢えないときは、どうしても想ってしまう」
 
 当然です、それが恋なんですから。
 
 続けてヤツはこう言いました。
 
「逢えてるときも、どうしても想ってしまう」
 
 度し難いと、私は思いました。
 
 
 
 他人の子は、おそらく今日こう言います。
 
「あなたのそばに居るだけで、ただそれだけでよかった」
 
 当然です、わたしもかつてはそう思った。
 
 でもおそらくこう続けるでしょう。
 
「いつの間にかふくらむ、今以上の夢に気づかずに」
 
 度し難いと思った、でもそう言えば私もかつてはそう思いました。
 
 
 
 はて、さて。
 
 果たして愛って何なんでしょうかね。
 
 別の人の子はセックスを「互いの体を使ったオナニー」と表現しましたが、果たして愛は何なんでしょうかね?
 
 はて、さて。
 
 
 脈絡無く、的な話。

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ