スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残:730日

 休憩時間にだらだらとサイト巡回していたら、通ってるサイトに見落としてたかもしれないページがあったので読みふけっていました。
 ライトノベル作法研究所の作家デビューの方法と言うページでプロになる方法がいくつかあったので自分に当てはめて考えてみました。
 
1.賞に応募する
 これはもう腐るほどやってます、今年の電撃〆切りで応募から満六年になりますねえ。
 とある編集者さんに会った時は「三次通過はどさくさ紛れじゃできない」と言って頂けましたけど、ここ数年は安定して一次~二次の間で言ったきり来たりしてるばかり。

2.持ち込みをする
 コネを使うともありましたが、あいにくながらそう言ったコネは皆無。両親はあっちこっちに意味不明なでっかいコネを持っているようですが、残念なことに出版業界にはまったくないらしい。
 まあ記事にもあるとおり難しいでしょうね。
 
3.プロに弟子入りする
 まあゼミ的な物なら入ってて、そこでいろいろとレベルアップをさせて貰ってますが、あくまでスキルがついた程度。
 これもまあ、記事通りですね。

4.スカウトされる
 これはもう、私には無縁の話。
 
5.サラリーマンになる
 ……ふっ。
 
 
 結論、余り意味がありませんでしたw

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ