スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セクシュアル・マイノリティ

 という意味ならば、母の危惧は必ずしも的外れではないが、残念なことに私は異性愛者である。
 
 というか、ことあることに同性愛しか引き出しのない母にいい加減うんざりである。
 
 まあ、少数派だから思いつかないってのはあるけどさ。
 
 だから小説なんて書いてるのか? 私は(偏見)

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ