スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残:928日

 自分の心境の変化というのは、基本自分でも分からない事が多い。
 
 ちょっと前は少しでも上手い構成や文章を見ると「こりゃオレには無理だ」と思うことが多かったのだけど、最近は「成程でもオレならこうする」と思うようになった。
 
 どっちがいいのかは分からないけど今の状況が嫌いではない。
スポンサーサイト

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:929日

 民主党、勝ちましたね、圧勝で。
 政権交代大いに結構ですが、民主党は根本的なところで民進党と同じ匂いしかしないから、ねえ。
 
 まあ、他人の不幸は蜜の味、という事であれば日本がどこまで転落するのかは見物かもしれんが、もうちょっと日本でがんばりたいのでそうも行かないところ。
 
 世知辛いね、どうも。

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:930日

 発売日にきっちりamazonが届けてくれたマジ恋! なんですが、日付が変わっても開封出来てません。やりたいのに、やりたいのに……。
 
 うんとね、実は昨日、届くちょっと前に例のタイトルだけ純愛の小説でビビーンと来るモノがあってですね、それの超・大幅手直しを敢行しているところで、それどころではないわけで。
 こういうのはさっさとやらないと指の隙間から水が零れて行くようにせっかくのアイデアが消えてしまうから今結構必死。
 
 はて、さて^^;

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:931日

 最近のamazonはすごいな……。
 というわけでマジ恋こと真剣で私に恋しなさい! 到着しました。
 
 はてさてプレイできるのはいつの事やら。。

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:932日

 日本人は「新与党が一任限りという空気を肌で感じた」時の怖さを知らない。
 台湾人として、経験者として、民主党が政権とった後の展開が予想できそうな気がする。
 
 まあかつてのこっち同様、「一度やらせてみよう」な連中がその後後悔すればいいさ♪

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:933日

 気がつけば8月も終盤、ほとんど暑くならなかったので油断してた。
 小説、ほとんどかけてないけど何でだろ?

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:934日


 
 台湾の方で、朗読の動画です。
 上手いです! 声かわいいです! 私なんぞ足下にも及ばないほどのポテンシャルを秘めています。
 なんかがんばってもっと色々やって貰いたいモノです。

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:935日

 はっきりと分かるほど、ペースダウンです。
 
 いや、小説の話なんですけど、この前の純愛モノを書く、ってやつ。
 ……やはり純愛はあり得ないね、私はw
 
 とっとと終わらして次の作品に取りかかろう。

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

戦女神VERITA

「戦女神VERITA」応援中!
 
エピソード4キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
予約マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:936日


 
寝不足でやるもんじゃないッス><
ネタ作成もトークもダメダメでした。

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:937日

 ラジオネタが中々浮かんで来なかったので諦めて小説書いてます。
 なんと無しにピーンときてしまった短編モノです、「純愛は投げ捨てる物」をモットーにしている私にしては珍しくピュアな話になりそうです。
 
 ……でもやっぱり純愛ってないよなぁ><

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:938日

 さて気がつけばまた金曜日、明日にはぼちぼち「声優志望の台湾人がやるラジオ」の第3回を収録せねばならないです。
 なのに、まだネタが……。
 
 そもそもが素人のやるもの、はきはきとしゃべることとネタをがんばっていれることを心がけているんですが、そのネタが……。
 シモを抜くとやりにくいんだよなあ(汗

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:939日

 なんか最初っからほのぼの感全開で、最後も綺麗にいい話の大団円で終わった。
 けど! しかし!
 
 よくよく考えたらいい話という皮を被っている根底的に暗いというかえぐい話、そう言うのって結構ありませんか?
 
 先ほど留学生文学賞に応募してきたのがまさにそれです。
 暖かい話で、家族愛・親ばか全開で、中盤にちょっとした事件があるけどそれも家族の絆の前にもろくも崩れ去り、愛娘は期待通りの素直で優しい子に育ちました、メデダシメデダシ。
 でもコンセプトは「篭の鳥」、らち外の幸せを渇望する大人達の怨念のため、幸せという縄目で縛られたとらわれの姫君。
 
 この私が、そう、簡単に。
 登場人物を幸せにするはず無いって話ですよ(オイ

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:940日

 第一次推敲完了! 流石短編、そして流石ノリノリ状態、さくっと直せたぜ。
 まあ、とはいえ新人賞に応募する物だから、ここから更にすうと、推敲を重ねて完成度を高めていく事になるけどね。
 
 でも、今手元にある二つの短編のうち、こっちは確実に留学生文学賞新人賞に出すことにした。
 無難だし、まったりしてるし、おもしろいし。
 
 もう片方は実験色が強すぎて、ねえ^^;
 
 
 さてさて、次は何を書こうかな?(気が早い

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:941日

 留学生文学賞、二作目第一稿上がりました♪
 
 明日から推敲~。

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:942日

 今必死に脳汁絞って小説書いてます。
 今書いてるのは留学生文学賞用のヤツで、今年の私を象徴するようなラノベではない作品。
 
 一言で言うとほのぼの家族(珍しく本当にほのぼの)に『善意の第三者』が口出しするけど、「ふ~ん」で終わるような話。
 
 とはいえ今回も極端から極端へ行くキャラが一人、私の代弁者っぽい子ですが。
 善意の下に見え隠れする悪意に過敏に反応する、短慮だがどことなく憎めない子。
 
 
 とまあこんな話。最近はああいうほのぼのパートが書いてて楽しい。その時その時餓えてる物を書きたがる私だから……アセアセ。
 さて今夜中に完成するかな?

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:943日


 
 前回放送分のコメント数が多すぎてピックリした、これまで上げた動画の中で一番多かったです。
 それにお応え(?)しまして今回もがんばりました。
 
 やっぱり相方欲しいですね、こういうノリでやってると。

残:944日

 収録中です。全開です。
 
 でもふと我に返ると寂しいですw

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:945日

 留学生文学賞の仕上げと、明後日UP分のラジオのネタを練ってます。
 
 小説の方は最後までの道のりがきっちり、頭の中にあります。某三年生の如く構成力に定評のある私……ごめんなさい嘘つきました……、まあ話としてきっちり成り立ってると思う。それこそ序破急の教科書に出来るくらいに……ごめんなさい大洞吹きました。
 まあ要するに、大丈夫だって、事です。
 
 
 一方のラジオ、明後日アップ予定のは第二回、ぶっちゃけ書き慣れてる小説とは違って全てが手探りなんで、何もかもが苦戦してます。
 今回も前回同様手探りでの作成なのが申し訳ない……、早くベスト、最低でもベターなやり方を見つけなくては。

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:946日

 最近というか今年になってから書いてる短編はほぼ、ライトノベルではない。
 機能から突発的に書き始めた新しい短編でそれに気づいたのですが、なぜそうなったのかまでは心当たりはない^^;
 
 常時あの手この手で上達をはかっているので正直どこでどう間違えたのかもう判らん^^;
 
 
 まあ、それはともかく。
 せっかくのライトノベルではない短編だ、このまま仕上げて留学生文学賞におくるとしよう。

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:947日

 さて夏休み、実は今日の夜10時から日曜の朝7時まで大学全体で断電して電源周りを点検するので、入構できません。
 なもんで、ちょっと遅め&短めの夏休みを満喫してます、今日は約8時間寝れました^^v
 
 あしたももうちょっと寝ます、そして小説書きます。
 
 なんてすばらしいのでしょう^^

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:948日

 先日、酒井法子が逮捕された時にファンの一部が警察に電話をして、「自分が罪を~」といった様なニュースがまあ、流れてましたね。
 
 正直言って、これくらい盲信の人間の方が見ていて好ましいことがまあ、多々ある。
 とくに今回の事件。
 
 初期の段階で長男もろとも失踪していたころは「まさか」とか「のりぴーがうそだろ」とかいってた連中が、次第に「ざまあ」やらあ「予想通り」とか変わっていく様とは見ていて業腹以外の何物でもなかった。
 
 
 作り話の中ではころころと立場が変わる人間よりも愚直なものの方が好感もてることが多い、例え信じる対象の人間が読者サイドで悪者がバレバレだと判っていたとしても、だ。
 でも現実はそういう泥臭いのよりスタイリッシュ(笑)なのが好まれる。
 そういうのは変だとおもうんですよね、いや変です。
 
 
 酒井法子というタレント自体思い入れも何も無いので極論残ろうが消えようが生きろうが死のうがどうでもいいんですが……。
 とりあえず、機と見てここぞとばかり彼女をたたく人間とかあざけてる人間は気持ち悪いと思う。

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:949日

 熱いです、もうどうしようもないくらい熱いです。
 
 そもそも夏が嫌いなわたし、熱くなってくると食欲が倍増の上やる気が極限まで低下してしまうからもうほとんど食っちゃね生活になっちゃうのです@@
 
 早く過ごしやすい季節にならないかな……

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:950日

 独り言ですね、はいw
 

 
 というわけでちょっと前にメッセンジャーで知人にそそのかされた「声優志望の台湾人がやるラジオ」の第一回が完成しました、どんどんパフパフ♪
 
 こんな事をしてるからデビューできないんだよお前は、というのはまあこの際いいっこ無しで、でお願いします。

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:951日

 かな~し~みの、むこ~うへと~。
 
 終ぞ、たどり着けませんでした、はい。
  
 というわけでオープンキャンパスの資料作りの裏で「悲しみの向こうへ」をヘビロテで回してます。何故今になってこの曲なのかは判りませんし、資料作りなのになぜこんな切ない曲なのも不明w
 たぶんですね、夏休みなのに未だに全然休めてないからなのでしょう、やること、多すぎです。
 
 
 というわけで、小説、書いてます(ぇ
 現在照準を向けているのは9月末の一迅社新人賞と、10月末の留学生文学賞。前者は長編で、後者は一万文字程度の短編。
 どちらも現時点では生涯最高の出来(かも)なのですが、今年はとかく手直しをと指導受けたので繰り返し推敲してます。長編の方はもうすでに初稿の面影のない状態に近いですw
 
 でもねえ、新作、書きたいよ^^;

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:952日

 一応、世間では夏休みのはずですが……ねえ。
 
 というわけで今日は夏休みしてみました!
 具体的には、昼過ぎまで寝てみました!
 
 いや、単に朝起きたら雨が降ってて研究室行く気無くしてそのまま二度寝、なだけなんだけどねw

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:953日

 今年の夏は帰国するかどうかで悩んでます、このままだとしない可能性が大、って感じになってきました。
 
 
 実は私、現在(日本での)部屋に三台のPCが稼働してあるのです。
 
 一台目はメインPC、QX9650と16GBメモリーを積んだ執筆兼録画兼ゲーム用マシン、まあほとんどの場合エンコードしつつ執筆、なのですけれどね。
 
 二台目はサーバー、Atom330と2GBメモリーを積んだVPNサーバー兼アラド戦記露天用マシン、常時起動マシンをAtomにしたおかげで毎月の電気代が下がってうはうは、再来月には浮いた電気代だけで元が取れるという素敵っぷり。そのうちUD200が安定するようになったら付け直す事も考えてます。
 
 三台目はノートPC、六年前に買ったセレロンMマシンだが今年の初めに中古のペンティアムMが手に入ったのでつけ直したところわずかに息を吹き返した古強者。用途は主に前の二台の補佐と、長風呂中のエロゲープレイ(オート)用。
 
 
 さて、本題。
 ここしばらく実家に帰国するときは三台目のノートを持って帰るんだけど、帰国中はそいつがメインとして働きます。しかしこの子、メインとして働くには非力過ぎるし何より複数台PCを前提にした今の使用スタイルでは一台だけの生活は難しすぎます。
 ぶっちゃ毛執筆にあわせてバックグラウンドで他の作業、というのも相当難しいです。
 
 今年は三回ほど帰国してて、三回とも一週間未満の短いものだったからなんとかやりくりできたんですが、夏休みの長期間にわたる帰国だと一台だけの生活はあり得ません。作業効率が半減ところの騒ぎではないです。
 なので、です。
 今必死に伝手をあたって、一ヶ月間ほど借りれるノートPCを探してます。
 二台のノートで合計6キロを台湾まで担いで帰るのですが、まあ作業が進まないよりかは全然まし、かな、です。

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:954日

 今日も研究室に来てます、夏休みなのに、です。
 いい加減自分の事をやりたいのに周りがほっといてくれません、むむむ。
 
 今日は、オープンキャンパスの件です、というか、今週いっぱいずっとオープンキャンパスの件で埋まってます。
 実はですね……的な話をしますと、うちの大学は三年ほど前に新校舎に移転しまして、そしてうちの研究室はその時からオープンキャンパスに参加していないのです。前の校舎の時代は相当積極的に参加してたみたいだけど。
 なので今、使える展示の材料が無く、研究室一同急ピッチで作成している訳なのです……とは、言っても、です、実際のところ今日は一割程度しか学生来てないけどねw しかも全員院生、ふふふ……。
 
 まあ周りの事はともかくとして、他にも問題がまあ、一つ。私の研究というのは先生曰く「君の専門をもっとも生かせる研究だよ」なもので、単独のプロジェクトなのです。
 複数年を前提としたものでドクターまでは面倒見てくれるって確約してくれたけど、やるのはあくまで私だけなのです。
 本来ならまあ、学部生の子を使うこともできますが今回はどの班も資料作りに追われてて手が空きそうになく、一人でがんばるしかないのです……@◇@
 来年こそ……来年こそ新四年にできる子を一人捕まえなくては! と堅く心に誓った今日なのでした。
 
 と、こんな事書いてるうちにもう一人登校してきました、でもやはり院生です。
 学部生……しばくぞてめえら###

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:955日

 先日、父が日本に来たときの話。
 朝起きて、二人で新聞とそれに付いてきたチラシで本日の安売りをチェックしていたら、ふと父から
 
「そういえば今の家賃って……」
 
 と話を振られました。なんぞと振り向くと父の視線はとある不動産関連のチラシに向けられていました。そして詳しく話を聞くと賃貸での家賃の払い捨てはもったいないとか、そんな事をするくらいなら賃貸ではなくいっそ物件を購入してしまおうと、そう言ったのです。
 それで日本に帰化している知人にローンをうまく組める方法はないかと聞いてみる、という事だった。
 
 前々から両親は日本に拠点を作りたいってのは知ってたけど、さすがにローンはな~って思う、ローンって下手すると払い捨てより余分に払ってそうなイメージがあるのよね……。
 
 まあ私はもうしばらく学生だし日本に帰化する予定もないのでどっちみちローンなんて組めないけどねw

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

残:956日

 今日は研究室に来ています、昨日の今日なのですが事後処理があったのでしょうがなく、です。
 でも来たら誰もいません、皆さんお疲れなのですね。
 
 わたしも疲れてるのに@◇@

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ